ホーム

メインメニュー

ドメーヌ・ミット・ナット・フレール GYOTAKU(ギョタク)2016’白

商品詳細
ドメーヌ・ミット・ナット・フレール GYOTAKU(ギョタク)2016’白

このワインが登場する以前からミット・ナハト(当時はこの呼び名が一般的)は、取り扱っており、この蔵を代表する畑のものが有名でしたが、今ではこのギョタクがすっかりドメーヌの看板ワインのようになった気がいたします。時に優良年と言われるリッチな年には、そのままで飲むよりは、リッチな食材に合わせた方が美味しく、厳しい年には、むしろそのまま飲んだ方が果実味が綺麗に出て美味しいと言う、ちょっと不思議なワインです。今や、どこのワインショップでも見かけるようになりましたが、ラベルや名前ばかりにとらわれておりますとアルザスワインの本質を忘れ、今一歩和食とマリアージュしない・・・などと言うことにもなりかねませんので、ヴィンテージごとの特徴を詳しい人にお聞きなられてから購入することが、和食・握り寿司との相性を楽しむ一助かと存じます。

和食の為のワイン!ブレンドの妙!

握り寿司にピッタリ!

いろいろなお寿司との相性の幅が広いワインです!

大阪ずし・・・◎、笹巻きずし・・・◎、鱒寿司・・・〇

家庭でつくる手鞠ずし・・・◎

江戸前握りずし・・・◎

味付けの濃いご飯のお寿司にもよく合います!(関西)

私の大好きな長崎麦焼酎とよく合う、‘大村ずし’なんかも美味しい組み合わせです!

某有名高級ホテル、スタッフに大好評でした!

一部のマグロ、魚卵系以外は、抜群に良いとの評価でした!

ドメーヌ当主の奥様が元・シェフの日本人でもあることから、お寿司に合うようにと、ご夫婦で考えに、考えたすえに生み出されたワインです!

旬のネタにどうぞ!

自然派ヴィオディナミ!女性にも人気です!

ヴィオデイナミによるミネラルが寿司ネタのミネラルと呼応いたします!

「お寿司に本当に合うワインは何か?」 赤坂のレストランで長年シェフを務めていた「元プロ」の由佳さんは、夫のクリストフとともに長年このテーマに取り組んできました。「一口にお寿司に合うと言っても、お魚だけではなく、酢飯、わさび、しょうゆ、ガリとも合わなくてはなりません」。研究に研究を重ねた夫婦が辿り着いたひとつの結論は、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブランの5品種のブレンドでした。「ブレンド比率は企業秘密です(笑)。ヴィンテージによってブレンドも変わります」。尚、このワインは、アルザスの伝統的呼称における、いわゆる「gentil (ジャンティ)」(50%以上貴品種を使用したブレンドワイン)です。〜インポーター様より

750ml

 

2015年4月試飲会にて2014’VT試飲いたしました!

単独で飲んでも美味しいヴィンテージです。酸とミネラルのバランス良い味わい。アルザスとしては、爽やかさもありグビグビ飲みながら和食を楽しめるタイプです。難しく考える必要はありません。僅かな果実の甘さが酢メシとも良く合います。美味しいです!これからマリアージュを紹介したいと思います。

商品コード:100305

販売価格:2,696(税込 2,965円)

完売御礼!

配送種別:クール宅急便(冷蔵)

配送サイズ:60サイズ

数量

 2013’ヴィンテージを2014年秋、及び2015年5月試飲いたしました!
2014年10月試飲時は、まだリリースから間もないこともありミネラルより酸がややまさった、タイトな感じでありこの年の3月までの寒さによる収穫量が減ったことによる凝縮感は出ておりませんでしたが、夏以降の天候回復によるブドウの熟度の高さは感じられました。2015年5月の試飲では、キレイな酸とミネラルがバランスよく同居しており心地よい飲み口となっており、ややおしとやかな味わいで果実も凝縮しております。握りで試してみましたところ、網走、釧路産のキンメ、メヌケ、函館産のマコガレイに相性いたしました。

2012’ヴィンテージを2013年10月に試飲いたしました! 

リリースしてからまだ期間が短いということもありますが、まだまだ溌剌とした爽やかさがありミネラリー、果実味も十分でアルザスのこのタイプのワインとしては、単独でも美味しく飲めるタイプに仕上がっております。もちろん、食材との相性は抜群です!やや酸度が例年より感じますので、より白身の握りに合うかと存じます。特に宴会料理には、幅広く合わせられる仕上がりです!

 

2013年4月、インポーターさん試飲会で2011’VTを再度飲む機会を得ました!1本の始めから終わりまでをテイスティングをするわけには行きませんが、試飲時、今回はボトルの量が半分くらい、コルクを抜いてから2時間程度立った状態と推察いたします。関心のテイスティング結果はと申しますと、前回の試飲時とはやや違い酸味は感じられず、全体にやわらかなトーンでミネラリーなおとなしい印象です。リリースしたての時より変化し、よりまろやかになったということでしょうか?加えて抜栓後の時間が経っていることなども、このやわらかな味わいもたらしたといえるのかもしれません。いわゆる‘ワインが開いた’状態そのものです。

2011’ヴィンテージ試飲!

偉大な出来の2008’年以来、もっとも店主の好む味わいです!店主からすると、茫洋としたミネラル感で判りづらいアルザスワインもあるように感じますが、このヴィンテージでは、ズバリ判りやすい店主好みのタイトさもある、例年よりややキリリとした味わいです!この年が卓越したヴィンテージという訳ではないですので、つくり手の進化なのだと思います!

ドメーヌ・ミット・ナット・フレール GYOTAKU(ギョタク)2016’白

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20201
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日    定休日    イベント