ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> フランス・ブルゴーニュ、シャンパーニュetc.> アイコンベルナール・デュガ=ピィ

ベルナール・デュガ=ピィ

最も入手困難を極めるドメーヌです!

濃密な果実味をバックボーンに備えながら、あくまでピノ・ノワール特有のエレガントさを体現しそれに個々のテロワールの差異が彩りを添える、といった具合のワインは、確かに現在のブルゴーニュで望みうる最上の1本。1975年の収穫からドメーヌに携わり、1989年のヴィンテージより元詰を開始したドメーヌ・デュガ=ピィの当主、ベルナールが生むワインである。
ヘクタール当たり1万本前後というのが強い植栽密度だが、デュガ=ピィの場合、より多い本数が見られ、ジュヴレのプルミエ・クリュ、プティト・シャペルやシャンベルタンでは1万3000本という尋常ならざる密植。加えて樹齢は若くても20年から30年、ほとんどの銘柄はヴィエーユ・ヴィーニュの表示があり、それらのぶどう樹は50年から90年と常軌を逸した古さ。
本拠地ジュヴレにはデュガ=ピィ独自の銘柄がある。ジュヴレ=シャンベルタンのクール・ド・ロワはリュー=ディの名ではなく、樹齢50年から90年になる古木を中心に、好立地にある区画をセレクションしたワインに付けた名称。ジュヴレ=シャンベルタン・プルミエ・クリュはフォントニー、コルボーそれにペリエール、の3区画のブレンドで樹齢の平均は50年。また2000年ヴィンテージからお目見えしたACブルゴーニュのキュヴェ・アリナールは、中身はれっきとしたジュヴレ=シャンベルタン。国道74号線の東側にある平坦な区画の樹齢30年未満のぶどう樹から、ドメーヌではデクラッセし、ACブルゴーニュとしてリリースしている。
2003年よりムルソーとポマールの生産を開始、さらに2004年のミレジメからはシャサーニュ=モンラッシェのプルミエ・クリュ、モルジョ、加えてジュヴレ=シャンベルタンにも数区画とドメーヌの規模も徐々に大きくなってはいるが、そのあまりに殺到する需要のため、ほとんど焼け石に水状態。

サブカテゴリ

カテゴリ内商品

商品並べ替え
商品
ベルナール=デュガ・ピィ ブルゴーニュ キュヴェ・アリナール2012’赤

ベルナール=デュガ・ピィ ブルゴーニュ キュヴェ・アリナール2012’赤

ブラックカラント、プルーン、ブラックオリーヴに僅かなスパイスと丁子にクルミ、香りの広がりは深く広く、ピノ・ノワールとは、ジュヴレとは思えぬ程の穏やかでこのクラスにはありえぬ濃厚さです。言われるほどの樽の要素は感じられず、かといって新世界のニュージランドの様な艶やかさやオーストラリア程のコクとまったり感もなく、カリフォルニア程の華やかさや、チリ程の判りやすさもなく、オレゴン程の沈んだ緻密さでもなく、やはりそれはジュヴレのそれなのだなあ!と思わねばならぬ、回帰性を前提として理解されえるワインなのかもしれません!(08’、10’、11’を試飲しての印象によります。)

デュガ・ピィのジュヴレ・シャンベルタン区画からのワインで、主に若木を使用した実質ヴィラージュです!

もう、実勢税込価格¥12、000円ですら飲めなくなってしまったデュガ・ピィのヴィラージュですが、このキュヴェ・アリナールならばこの価格でお飲みになれます!ビゾーやルーミエ、パカレやポンソ、セラファンやクロード・デュガと比べても最強と言えるくらいの内容を持ったワインです!

デュガ・ピィの深遠なる奥深さを感じ取る最初の一本としても、実はエレガントでもある滑らかな飲み心地を楽しむ一本としても、興味深いワインです!

トップ・ドメーヌのワインが数多並ぶ試飲会でも、最も記憶に残るワインを醸しているドメーヌです。濃い、薄いではなくその滑らかな飲み心地は、DRCやルロワのそれとも共通するものです。

是非、おすすめいたします!

750ml

商品コード:100328A

販売価格:7,255(税込 7,980円)

完売御礼!

配送種別:クール宅急便(冷蔵)

配送サイズ:60サイズ

1回のご注文で2個までとさせていただきます

数量

<< 前へ 1 次へ >>

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201912
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日    定休日    イベント