ホーム

メインメニュー

ドメーヌ・ポンコツ

 

 

松岡 数人は大阪府堺市の出身で、山梨大学にてブドウ栽培や、発酵,醸造の基礎を学ぶ。大学卒業後は、静岡県伊⾖市の中伊豆ワイナリーに2000 年から15 年間勤務し、醸造責任者を務めた。松岡氏が山梨でペイザナ農事組合法人に加入し、ドメーヌ・ポンコツの⽴ち上げを決意したきっかけには、ドメーヌ・オヤマダの小山田氏との出会いがある。松岡氏は、2005 年頃に樽の販売業者が企画したフランスへのツアーで、小山田氏と出会った。外部との情報交換があまりなかった松岡氏にとっては、このツアーが色々なことを考えるきっかけになったという。その後、中伊⾖ワイナリーでワイン造りをしているうちに疑問に思ったことなどを、小山田氏に質問するなどして交流を深めていった。小山田氏とも同時期にビオディナミにチャレンジしていることなどを見ると、お互いが良い刺激になっていたことがうかがえる。このビオディナミへのチャレンジは、高温多湿な気候の中伊豆では上手くいかなかったが、タイミングを⾒極めることによって、防除の回数を相当数減らせるということを学ぶことができたという。その後、松岡氏は自身の勉強のため、山梨で小山田氏と共に1 回程度作業をするようになった。その間に栽培から醸造までを自ら行うペイザナという存在を知り、彼らの考え方に共感した松岡⽒は、2012 年頃に小山田氏に対して、ゆくゆくは山梨に移住してペイザナに入りたいという話をした。既に松岡氏の造るワインを知っていて、ブドウ造り、ワイン造りに自らと近いものを感じていた小山田氏は、快くその話を受け入れた。その後も月1 回程度一緒に仕事をして、自らの仕事を見せ、信頼関係を築いていった。そして2015 年の植え付けのタイミングで山梨に移住すること決意した。松岡氏は、既に市場にあって自分が飲みたいと思うものがあっても、それを造りたいとは思はないという。既にあるものを造る必要はないと思っていて、どこにもない美味しいものを造ることを目標としている。ただ、松岡氏の考え方に影響を与えたワインがいくつかある。例えばとある梨のワイナリーの白ワインを飲んだ時は「俺は誰になんと言われようが、こうゆうワインなんです!」という主張を強く感じ、ワイナリーとしての在り方や、製品に対してのこだわり方に筋を通していて、実際に飲んでみてもそれを感じることができるという物作りに感銘を受けたという。自然派ワインへの入りになったワインは、前述の樽の販売業者が企画したフランスツアー中に、パリのレストランで小山田氏がチョイスしたフランソワ・シデーヌ。これは単純に美味しいと思ったという。小山田氏との出会いと重なっていたこともあり、自然派を意識し始めたきっかけになっている。なぜ長野や北海道ではなく山梨だったのかというと、ペイザナがそこにあったというのがその理由としてとても大きい。松岡氏は場所よりも一緒に仕事をする仲間が大切だと思っている。ワインとブドウは人が造るものであり(ワインに人柄が表れるということではなく)、造り手側として、魅力的な仲間の近くで仕事をしたかった。その中でやれることを探すということが、自分の生き方なのだと語ってくれた。 

〜資料より

 

サブカテゴリ

カテゴリ内商品

商品並べ替え

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201912
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日    定休日    イベント