お店からのお知らせ

ホーム ホーム ホーム

結婚内祝い・お返しギフトのオンラインショップ

メインメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知っておこう!結婚内祝い基本の「き」

目次

「内祝い」本来の意味って?

「内祝い」とは、「自分の家のお祝い事の記念として、親しい人たちに贈り物をする」というのがもともとの意味です。 最近は、結婚や出産、入学など、お祝いをいただいた際にそれに対してお返しをすることを指すのが一般的になっています。

結婚の内祝いは、お祝いをいただいたけれど、披露宴に招待できなかった方へのお返しです。

結婚内祝いを贈るタイミングは?

お祝いをいただいたら、まずはお礼状を出し、その後にお返しの品を贈るのが丁寧ですが、お礼状については、最近はハガキや封書を利用せずに、電話でお伝えすることも多いようです。内祝いは、遅くとも挙式1か月後くらいまでには贈るようにしましょう。

予算の目安と熨斗について

予算はいただいた額の半額が基本ですが、ご親族など、高額なご祝儀をいただいた場合には、その三分の一程度を目安にしてください。
なお、ご親族間では、お互いにお返しはなしと決めていることもあります。
いずれにしても、ご親族からお祝いをいただいた場合には、ご両親と相談するのが安心ですね。
また、お勤めの職場の何名かの方からかまとめてお祝いをいただくこともあるかと思います。
そのような場合は、ひとり当たりのお祝い額の半額をお返しします。

贈り物につける熨斗(のし)は、水引10本の結びきりで表書きは「内祝」、名前は夫婦の連名もしくは姓のみにします。

その他のマナー、気をつけたいこと

結婚だけではなく、お祝いごと全般で、刃物は「縁を切る」と避けられたり、緑茶は「お茶を濁す」ことから、贈り物には不向きといわれています。
最近では、あまり気にされなくなっているとはいえ、覚えておくといいでしょう。
例えば、お茶が大好きな方にお茶をお贈りするなど、贈る相手の方のことをきちんと考えてのことであれば、感謝の気持ちも伝わり、きっと喜ばれるのではないでしょうか。

なお、お祝いをいただいた方の名前と品物、おおよその金額、お返しした品物などを記録しておくと、今後のお付き合いにも役立ちます。 簡単なリストを作っておくといいかもしれません。

覚えておくと便利!お礼状を書く時のポイント

普段、電話やメールが主流ですが、手紙はもらった人もうれしいもの。せっかくの機会です、ぜひ手書きで気持ちを伝えましょう!

<お礼状を書くときに押さえておきたいポイント>

  • 季節の挨拶
  • お祝いに対するお礼。実際に使った感想なども
  • 自分たちの近況報告
  • 今後もおつきあいしていただきたい旨、支援のお願い
  • 挨拶

カスタマーレビュー

売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20213
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
20214
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 今日    定休日    イベント