お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

うなぎの豆知識【part2】


                                                                                                                                 うなぎと健康(栄養)

ビタミンA

 うなぎには良質のたんぱく質やカルシウム、ビタミン類が豊富に含まれていますが、中でもビタミンAの含有量は他の食品を大きく引き離しています。スタミナ食品として名高い「うなぎ」こそビタミンAナンバー1食品なのです。一日に必要なビタミンAが蒲焼一人前でまかなえると言うからこんなうまい話はありません。


ビタミンE


 うなぎにはビタミンAだけでなく、成人病に良いとされるビタミンEも豊富に含まれています。動脈硬化の原因であるコレステロールを防ぐ働きが健康と若さを取り戻してくれるのです。


DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)

 
 うなぎには脳の働きを活発にするDHA(ドコサヘキサエン酸)やレシチン、血管を丈夫にするEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれています。うなぎを食べてそのパワーの恩恵を受けようではありませんか。





うなぎの産卵のなぞ

 日本うなぎの生態は不明な点が多く謎に包まれています。一般に日本うなぎは5年から15年間河川で生活した後海へ下り、その後フィリピン東方海域で産卵すると言われています。生まれたうなぎの幼生は黒潮に乗って東アジアの沿岸にたどり着き冬に川を溯上します。その一部を採捕し飼育するのがうなぎの養殖です。
 人工孵化の研究も各試験研究機関で試みられ、その結果人工的な採卵が可能となり孵化までは技術的に確立されましたが仔魚の初期飼育が難しくこの先の技術開発に大きな期待が寄せられています。

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計