会社概要

ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> 会社概要

会社概要

銘菓「古印最中」で知られる足利の「香雲堂本店」。明治元年創業とされているが、江戸末期の古文書にも名が記されているという老舗である。


当初は、当時としては珍しい洋館造りの建物で洋食や喫茶を商い、文化人たちのサロンとして賑わった。
時代は移り、昭和29年に5代目が跡を継ぎ法人化。”第2次創業”ともいえる堅実な物づくりの姿勢のなかで、故郷にちなんだ菓子が誕生する。

足利学校や鑁阿寺など、当時ゆかりの古印や落款をかたどった古印最中である。
当時まだ無名だった相田みつを氏との出会いもその頃。
繊維産業が隆盛を極めていた当時、進物として古印最中は全国に広まった。

受け継がれる「煮崩し法」という手法で作られた十勝産小豆の風味と、奥行きのあるあんの甘さは、香ばしい自家製の皮との相性も秀逸。栞にある「ひとつのことを一生けんめい・・・」の言葉に託された思いは、今も脈々と受け継がれている。

 

名 称香雲堂本店
創 業明治元年(1868年)
創 立昭和29年(1954年)有限会社香雲堂本店設立
資本金560万円
所在地〒326-0814
栃木県足利市通4-2570
電話番号0284-21-4964
FAX番号0284-21-1054
従業員数70名(パート含む)
事業内容和洋菓子製造販売

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20177
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
20178
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日    定休日    イベント