お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

水押し技法

水押し技法

水押し技法とは、私がいろいろ試してこの方法良いかも!?とお客様へお知らせしたところ、お客様よりこの方法は「水押し」に似てますね!とお教え頂き、名前のないこの方法に「水押し」と名前を付けることが出来ました。
お客様、ありがとうございます!

PG1-Rなど簡易系コーティングを利用した水押しによる安定定着の方法を御案内致します。
通常説明書とは違う施工方法になります。施工については通常説明書へ記載している注意事項等厳守下さい。


アドバイスは一生懸命させて頂きますが、裏ワザ的な方法となる為、施工に当たってはお客様の責任においてご使用頂きますこと予めご了承ください。

 

また、説明書どおりで性能が発揮されている場合は、水押しを無理にする必要はありません。
ここでは、通常施工でコーティング剤の定着が弱く、撥水が出てこない、また持続力が悪い状態を想定してご案内をさせて頂きます。

動画でもご案内をしておりますのでココをクリックしてご確認下さい^^



<<施工方法のご案内>>

1)洗車

2)濡れたままPG1-Rをクロスで全体に塗布

3)水を掛けながら2)で使用したクロスでもう一度全体を洗う

4)拭き取り

5)乾拭き

6)完成


この施工方法の違いは、1回目の塗りこみは全体施工で放置時間があること。

さらに違うのは、1回目で使用したPG1-Rの付着したクロスで、1回目の施工時のムラを除去するように洗車することです。
この時に感じるのですが、クロスがベタベタするのですが、これが意外にも密着力を上げている可能性と、傷埋め効果もあるのではないか?ということで私が今まで試してきた結果です。



<<効果>>
・艶の向上(ヌメッとした艶の向上)が期待できる。
・撥水を安定して実現できる。
・長期持続への期待が見込める。



<<注意事項>>

・直射日光はアウト
・高温時はアウト
・無理な放置はアウト
・まずは目立たないところで試して安全性等、危険性も理解されてから本施工。



一つの楽しみ方として、ご報告させて頂きました^^

みなさま、いつもご利用ありがとうございます!!!

カテゴリ

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201712
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
20181
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日    定休日    イベント