お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

PG1-specW使用方法

 PG1-SPECW 使用方法

☆熱処理方法はココをクリックして下さい。

☆放置施工方法はココをクリックして下さい。

 

1.洗車をします。付着物を除去してください。

水垢、鉄粉、付着物などを除去して、洗車を済ませてください。

当社製品「PG1プロテクションリムーバー」「マルチメンテ」などの使用を推奨します。

当コーティング剤は下地処理の有無によって、定着性など影響されます。

十分な下地処理をする事で、当製品の性能が最大限に発揮できます。

 

2.養生(マスキング) 任意で行ってください。

本品が付着させたくない箇所に養生を行ってください。(窓ガラスには使用できません。)
☆メッキ類、ゴム類、未塗装樹脂類、ホイール等への施工も可能です。
※窓ガラスへの接触も問題ありませんが、気になる方は接触しないようにしてください。

 

3.濡れた状態で本液を塗布・拭き取りをします。

(ボディを水で湿らす湿式施工、湿らさない乾式施工は施工しやすい方で構いません。)

 

本液は濡れた状態で施工します。日陰など直射日光が当たらない場所で施工をして下さい。

クロスに水を含ませ軽く絞ります。

本液をよく振り、クロスに本液を適量つけます。よく伸びますので少量で構いません。
☆はじめは少し多めに5プッシュ以上つけて、その後はワンパネルごとに2プッシュ程度でおこなえます。

 

イメージとしては濡れた塗装面に塗りこむように塗ります。ムラなく丁寧に施工します。

 

ワンパネルごとに塗り広げてはクロスを絞り、ムラのないように水分を拭き上げて、乾いたクロスにて乾拭きをします。

ワンパネルが終わりましたら、次のパネルに移り同様の作業を行ってボディ全体を施工して下さい。

 

 

※表面上に薄い膜を作るイメージで施工して下さい。また、多量に施工しますとムラの原因になります。

 

※この製品は皮膜形成コーティング剤です。皮膜が乾燥してしまうとムラが取れなくなりますので、自信のない方のご使用はお控えください。また、施工には十分に注意してご自身の責任の中で作業を行ってください。施工方法につきましてはサポート致しますが、お車への施工に当たっては一切責任を持ちませんのでお客様の自己責任にて施工をお願い致します。

 

※窓ガラスは違うクロス(施工したクロスとは違うもの)にて水分を拭き取って下さい。

 

※作業は炎天下、直射日光、高温時などボディが熱くなるときを避け、日陰などの涼しい場所にて施工してください。

 

※必要に応じて保護手袋、保護マスク、保護眼鏡等を着用してご使用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ

カスタマーレビュー

当店売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20193
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
20194
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 今日    定休日    イベント