お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

西ケミアルカリ脱脂シャンプー使用方法

西ケミアルカリ脱脂洗浄剤使用方法
(塗装面脱脂洗浄剤)


必ず本説明文をすべてお読みいただき、使用方法を厳守してください。
安易な使い方はカタ、シミ、色落ちの原因になりコンパウンド等で研磨等しても取れなくなる場合があります。
また、いかなる場合も、使用に関してまして当店では一切責任を負いませんので、
この点も含め十分にご理解の上ご使用下さい。(説明書は必ず保管してください。)
アルカリ性脱脂洗浄剤はそれだけ強力な商品ということをご理解ください。

西ケミアルカリ脱脂洗浄剤は、当店の「中性脱脂プロテクションリムーバー」の強化タイプとなります。
より良いコーティング剤の定着を促進させる目的で
「中性脱脂プロテクションリムーバー」と、本品「西ケミアルカリ脱脂洗浄剤」をお役立てください。
 

まれに本品を使用した際に、本品が流れたところへ一部流れたシミが発生する場合があります。
これは本品を放置した場合にもおきますが、今までの雨の時や洗車の際にお車の隙間から
汚れが流れ出ていた箇所へ反応して起きるケースがあります。
隙間から流れ出てきていた汚れ(油や様々な汚れ)がその部分に見えない汚れとして溜まっていたことにより、
本品が反応して分解をしようとしていることで起きる現象でもあります。
発生した場合は、「西ケミクリーナー2」で磨いて綺麗にしていただくか、

コンパウンドによる研磨で対応してください。

※西ケミクリーナー2などの常備をお願いします。


下記注意事項を厳守して頂き、より良い洗車にお役立てください。

禁止事項(厳重注意)
水以外のものと絶対に混ぜないでください。

特に酸性、塩素系との混合は絶対にお止め下さい。

必ず保護手袋、保護メガネ、保護マスク等を着用して下さい。

メッキ調ホイール・スパッタリングメッキ等特殊加工のホイールなど、アルマイト処理・カーボンホイール・マグネシウムホイールなどの特殊加工ホイール、また剥離しているホイール・また特殊なボルトを使用している場合等へのご使用はできません。使用を試される場合は目立たない箇所にて必ずテストをして安全を十分確認してから行って下さい。

ホイールの種類は様々あり、すべてのホイールに安全とは言えませんので、必ず目立たない箇所で安全を確認してください。

不明な場合は、ホイールの取扱説明書や、ホイールメーカーにご確認ください。

経年劣化しているホイールなどには十分注意してください。

ヘッドライトへの長期放置はしないでください。ヘッドライトの保護コートを侵す可能性があります。
ヘッドライトへの使用(接触)も十分検討して作成しておりますが、ヘッドライトの表面の保護コートの黄ばみの除去に、アルカリ系を使用して処理する場合もあるようにそれだけ攻撃性を持っていますので、本品を長期放置したり、乾燥させてたりしないでください。

 

使用方法
本品は脱脂から日ごろの洗車までご使用いただけます。
原液〜10倍希釈が効果大として、バケツに本液を入れてきれいな水で100倍以上の希釈など
していただき日頃の洗車など使用用途に応じて幅広くご使用いただけます。
本品は化学分解にて汚れを除去するため泡立ちの少ないタイプになりますので
シャンプーとしての表記はしておりませんが、用途はシャンプーと同等の使用方法となります。

 

(おすすめの使用方法)
1、ボディーをまず中性プロテクションリムーバーで洗車してください。
本品は泡立ちが少ないタイプになりますので、泡立ちの良い中性プロテクションリムーバーでほこり等の汚れをまずはじめに洗浄してください。

2、保護手袋、保護マスク、保護眼鏡等を着用して、目立たない箇所で本品をスポンジにスプレーして、目立たない箇所に塗りのばして水をかけて流してみて、シミやカタにならないか試してください。
大丈夫なようでしたら3の工程に移ってください。
シミ、カタになるようでしたら使用はしないで下さい。

3、保護手袋、保護マスク、保護眼鏡等を着用して、ボディーが濡れた状態のままで、本品を濡れたスポンジ等に適量スプレー(始めは2〜3回など適量)して、1パネルずつ(パネルの大きいボンネット・天井の場合は4等分して)すべてのボディーが水で濡れている事を確認して、スポンジでやさしく延ばしてからすぐに水をかけて、確実に車全体の本品の残留液を流して下さい。
(必須事項:本品が流れた場所にも十分水をかけてください。)
そして次のパネルに移り、本品をスポンジに適量スプレー(その後は1回など適量)して延ばして水をかけて流しての繰り返しで、車全体を洗ってください。

4、最後にもう一度、全体にしっかり水をかけて本品の残留液を十分流してください。

(アドバイス)
「3、」の使用方法で本品使用後すぐに水で流すとありますが、この後に本品の付いていない綺麗なスポンジ等で、再度水を流しながら洗うとより残留物を洗い流せます。

(注意事項)
※必ずこの方法を守ってください。本品を車の側面または全体面を一度に塗ったりせずに必ず一面ずつ塗り終えるたびに水を流してください。カタ・シミの原因になります。

※クロームメッキホイール等の装着車のボディーに使用する場合は、本品が掛からないように保護するか、本品がかからないように十分にお気をつけ下さい。

※ヘッドライトには十分お気をつけ下さい。ヘッドライトの保護コートを侵す可能性があります。

[厳重注意]
しつこいお願いですが、保護手袋、保護メガネ保護マスクをかならず着用して下さい。
目には入らないと思われがちですが飛び散る可能性がありますのでご注意ください。
万が一付着した場合は、直ちに清水で十分に洗浄してください。
本説明書の応急処置をお読みください。


ホイールへ洗浄について。
ホイールには様々な種類があるため何に対して危険なのか?の明確なお答えは致しかねます。
きちんとお答えしたいのですが、なにぶんホイールの対薬品性についても同じようなホイールの種類でも様々だと思いますので誠に申し訳ありません。


各種コーティング商品説明ページでの脱脂作業に、
このアルカリ脱脂洗浄剤がまだ記載されていませんが、
今後大きく分けて、
「中性のプロテクションリムーバー」・「アルカリ系のアルカリ脱脂洗浄剤」
が活躍してくれると思います。

 

カテゴリ

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20209
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
202010
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 今日    定休日    イベント