お問い合わせ

素より御菓子司「新杵」をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます.。

業は明治43年。
独特の金看板は、明治四大書家と呼ばれのちに貴族院議員にまでなった才人、
一六居士(巌谷一六)の書により、「新杵」の商標を深く刻んで
明治、大正、昭和、平成と和菓子を通して日本の伝統と文化をお伝えしてきました。

高の原材料の特質を意匠の技で最大限に生かし、
四季折々の上菓子を真心こめて皆様にお届けできるよう、つとめております。

心をこめておくります。四季への想い、色と味を重ね。御菓子司 新杵

社は、明治43年に、それまで横浜本舗経営者 桐沢枡八氏の門下で働いていた、岩城菊二郎氏が、千駄ヶ谷に和菓子卸店を開業したのが始まりです。
その後二代目の岩城則孝氏が、昭和10年東中野駅前に新杵を移転して開業し、繁盛させましたが、折しもの戦争で焼失してしまいました。
戦後の混乱時、復員した三代目の岩城喜久保氏が、豆大福を七輪であぶって、「焼豆大福」として提供したところ、大変評判を呼び、昭和22年、東京都杉並区高円寺にて、和菓子の卸売り業を再開させました。そして、昭和63年に清瀬に本拠を移し、清瀬に伝わる物語をテーマにした民話菓子をはじめ、数々の和菓子を誕生させました。

「新杵」は、今年創業107年を迎えました。これからもみなさまに愛され、安心してご賞味いただける和菓子をお届けできるよう、努力を重ねてまいります。