河内晩柑はちみつについて

ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> 河内晩柑はちみつについて

河内晩柑はちみつについて

河内晩柑の花と実

はちみつ

風薫る五月。
初夏の季節に河内晩柑は白く可憐な花をいっせいに咲かせます。
花が咲き始めると、園地は柑橘の花のさわやかな香りに包まれます。
その花の季節、当園の河内晩柑畑の中にみつばちの巣箱を設置し、
そこで採れた純度100%のはちみつです。

みつばちの巣箱の半径2㎞圏内の、8割以上が河内晩柑の畑です。
みつばちの種類は西洋みつばちです。

みつばちが巣に持ち帰った花蜜は、まだ水分がたっぷり含まれており
さらさらしています。
この蜜を、みつばち自身が羽で風を送って水分を飛ばし、濃縮・熟成させて
いきます。やがて蜜が完熟するとみつばちは保存のため巣に蓋をします。
こうしてできるものが “完熟はちみつ” です。

“河内晩柑はちみつ” はみつばちがしっかり蜜蓋をして、花蜜が
完熟はちみつとなってから、採蜜しています。

右の写真は、採蜜の時に蜜蓋を外しているところです。

柑橘のフルーティな香りが広がりますので、紅茶に入れてもおいしくいただけます。
さっぱりした後味の“河内晩柑はちみつ” ぜひご賞味ください。

純粋はちみつ

はちみつ瓶

当園の河内晩柑はちみつは、天然の純粋はちみつです。
精製などの加工処理を一切行っていないため、ねばりがあります。
天然のはちみつですので、気象条件などによって、微妙に色が異なります。
また、気温が下がると結晶化して固まることがありますが、品質には
まったく問題ありません。白く固まったままの状態でも、スプーンで
容易にすくうことができ、おいしくお召し上がりいただけます。

スプーン
固まったはちみつを溶かす場合、45度〜60度のぬるめのお湯に、
蓋を開けてから瓶をつけ、湯せんでゆっくり溶かしてください。

高温のお湯で溶かすと、はちみつが変質する恐れがあります。
ぬるめのお湯をご使用ください。